どんな仕事?トラックドライバーの求人応募に必要な知識


多種多様!トラックドライバーの仕事内容と移動距離

トラックを運転し、積み荷を届けるのがトラックドライバーの基本的な仕事です。しかし、勤める企業によって仕事内容は大きく異なります。例えば、宅配業者のトラックドライバーになれば、主な仕事は荷物の集荷と配達です。また、引越し業者のトラックドライバーになった場合は、家具や荷物の運搬が主な仕事になるでしょう。そして、配送先によって移動距離も大きく違ってきます。短距離ドライバーであるルート配送では、近距離のコンビニやスーパーマーケットに荷物を配送します。一方、運送会社の長距離ドライバーになった場合は、県外への運搬業務がメインになってきます。

覚えておきたい!必要とされる運転免許

トラックドライバーとして働くには、必要とされる運転免許が主に4つあります。まず、最大積載量2t未満の小型トラックの運転に必要な「普通自動車免許」。次に、最大積載量4.5t未満のトラックが運転できる「準中型自動車免許」。続いて、最大積載量6.5t未満の中型トラックの運転ができる「中型自動車免許」。そして、最大積載量6.5t以上のトラックを運転するために必要なのが「大型自動車免許」です。

応募前に確認!トラックドライバー求人の選び方

トラックドライバーの求人に応募する時は、働くにあたって必要な資格をよく確認しておきましょう。仕事内容によっては危険物を運ぶこともあるトラックドライバーには、「危険物取扱者」や「高圧ガス移動監視者」などの資格が必要とされるケースがあります。募集内容に目を通す際は、石油類や高圧ガスといった特殊な荷物を運ぶ仕事なのか確認しておきましょう。また、勤務する時間帯も事前に確かめておくことが大切です。配達先によっては、夜間や早朝の勤務になったり、泊りがけの仕事になったりする場合もあるからです。

トラックドライバーの求人は、ハローワークや求人サイトを使って探すことができます。また、ドライバー専門の派遣会社に登録して仕事を探す方法もあります。

Back To Top