外資系企業への転職にはどんなメリットとデメリットがある?


実力があれば高い給与が期待できる

外資系企業へ転職するメリットは、給与水準が高いことです。自国と文化や言語が異なる環境で成果を上げるためにも、外資系企業は高い給与を提示して優秀な人材を集めています。年功序列という考え方もないので、十分な実力があれば昇給や昇進が期待できるでしょう。評価が平等なのも特徴です。年齢や性別が評価に影響を与えることが少なく、自分の力を正当に評価されたいというかたに適した環境です。しかし、成果を求められる分強いプレッシャーにさらされる一面もあります。社員同士で高い成果を目指して競い合っているので、ライバルに追い抜かれるかもしれないという重圧の中で戦い続けなければなりません。実力が足りなければ、収入が減少してしまいます。成果を上げられず転職するケースも多く、安定を求めている方には向いていません。

オンとオフがはっきりとしている

ライフワークバランスが重視されていることも、外資系企業の特徴です。仕事と生活がはっきりと分かれており、プライベートの時間を大事にできます。有給休暇の取得率も高めです業。務時間外に上司との付き合いで出かけることもないでしょう。成果を出していれば、早く帰ってしまっても問題視されない場合も多いです。反対に、就業時間内に仕事が終わらず残業してしまうのは、仕事の量と時間が管理できていないというマイナスの評価を与えてしまいます。オンとオフが分かれている分、福利厚生が充実していないという特徴もあります。外資系企業では社員が転職することも少なくないので、住宅手当などの長期雇用を前提とした制度が存在しない企業が多いので注意してください。

外資系求人を活用して高収入を目指す事ができます。収入以外の様々な面も考慮してから求人に応募する方法も取れます。

Back To Top