正社員になりたい!保育士が派遣から正社員になる方法とは?


正社員登用がある保育園を選ぶ

派遣として保育士をしている人が正社員になるためには、まず派遣されている保育園に正社員登用の制度があるかどうか確認しておく必要があります。どんなに保育士として能力が高くて派遣先の保育園で評価されたとしても、正社員登用などの制度がない場合はそのまま派遣として終わってしまう可能性があるのです。場合によっては正社員登用の制度がなくても正社員として雇用してくれるところもありますが、確実に正社員を狙うのであれば制度の有無を確認しておくことが大切だと言います。

また正社員として登用される際の条件なども事前に確認しておくと、より具体的に正社員になるための行動がとりやすくなります。

紹介予定派遣の制度を利用する

保育士の派遣には大きく分けて、登録派遣と紹介予定派遣の2種類があります。紹介予定派遣は一定期間派遣社員として派遣されるシステムで、最終的には派遣された人間と派遣先との合意を得て正社員として雇用されることを目指します。このため最初から紹介予定派遣として保育園に派遣されることで、合意すれば派遣期間満了後に正社員として自動的に雇用してもらえるのです。そんな紹介予定派遣を利用するメリットとしては、派遣の保育士として保育園の環境や人間関係を体験することができるところが挙げられています。

そのため正社員として雇用された後のトラブルを解消することができますし、保育園側としても正社員として雇用していいかどうか確認できることから利用している保育園は多いようです。

大阪は地域限定保育士試験を行っており、保育士の派遣を大阪で探す際には、ニーズも高いため、売り手市場といえるでしょう。

Back To Top