外資系に転職!日本企業と外資系企業はどちらがいいの?


日本企業と外資系企業の違いは?

外資系企業に転職を考えている人は、まず日本企業と外資系の違いを理解しておきましょう。日本は年功序列の傾向が強い会社が多いですが、外資系は完全実力主義です。年齢は関係なく、成果に応じた報酬を得られます。成果がより優先されるため、規則に従うだけでなく自分の考えで動くことが求められます。自分の裁量でできる仕事の幅が広く、スピード感を持って仕事に取り組めるでしょう。能動的に動くことが苦手な人には、外資系は向かない職場といえます。

また、日本企業は勤務時間を決められていることが多いですが、外資系は勤怠の自由度が高いようです。有給休暇も自由に取得する人が多く、仕事とプライベートを上手く分けています。働き方の自由度が高い分、自分でタイムマネジメントする力が必要になるでしょう。

外資系企業のメリット・デメリット

まず外資系のメリットは、高収入を得られる可能性が高いという点です。成果を上げられたら、満足いく報酬を得られます。同じ職種でも日本企業と比べ、給与が高い傾向にあるようです。また、外資系は働き方に柔軟性があり、仕事とプライベートの両方の時間を取ることができます。自分が希望するワークライフバランスを実現できるでしょう。

しかし、成功すると見返りが大きい分、成果が出せない場合は、収入が減る可能性があります。評価が良くないと解雇されることもあり、大きなプレッシャーを感じてしまう人が多いようです。プレッシャーを感じやすい人には、見逃せないデメリットですよね。

日本企業とは違い外資 ITは年功序列ではなく実力主義であるため、20代でも実力次第で高年収を狙うことが出来ます。

Back To Top