定修とは?プラントの施工管理として働く魅力について


定修の概要と業務内容

定期修理の略称である定修は、定期的に設備の点検や修理を行うことを示しています。定期的に点検と修理が行われているのは、コストを抑えるためです。プラントは24時間の稼働によって効率を上げています。しかし、トラブルが発生してプラントを停止してしまうとコストがかかってしまいます。また、プラントでは危険物も取り扱われているため、少しのミスで大きな事故につながってしまうというリスクがあることも理由の1つです。よって、法律でプラントの定修を実施するよう定められています。

定修の主な業務は、大きく分けて4つあります。1つ目は、プラント設備の点検作業です。設備の内部の点検は、プラントが稼働している場合には実施できません。目視での点検によって錆びや破損の有無を確認し、発見した部分の劣化度を判定します。発見した内容を報告書にまとめ、劣化度を考慮しながら修繕を実施する優先順位が決められています。2つ目は、保全作業です。作業を実施する前に計画を立てるとともに、法的な手続きも行う必要があります。保全工事が決定されたら、劣化した設備の修繕や交換を実施します。

3つ目は、プラントの設備を洗浄する作業です。設備に溜まってしまった汚れを、バキュームや薬品などを用いて洗浄します。4つ目は、プラント設備の改造です。効率や安全性の向上が認められると判断された場合は、設備に改造が加えられることもあります。

施工管理の魅力について

施工管理の仕事の魅力として、安定した仕事のニーズが見込めるという点が挙げられます。プラントの定修は定期的に実施する必要があるため、施工管理の仕事がなくなってしまうリスクはありません。

定修は、工場内に設置された設備が正常に動作し続けるために重要なものとなっており、理系分野の高度なスキルを持つ人が不可欠です。

Back To Top