IoT時代に適した将来性抜群の資格!一陸特とは?


一陸特とはどんな資格?

一陸特とは、総務省が定める国家資格です。正式名称は「第一級陸上特殊無線技士資格」といいます。通信システムの技術操作を行える無線従事者の資格です。無線局における技術的な操作の中には一陸特の有資格者が遂行しなければならない業務があるため、業務独占資格に分類されています。

一陸特資格によってできる仕事

古くはメディアの中継局や交通機関の無線施設での業務が主なものでしたが、近年の通信技術の発展により仕事の幅も広がっています。スマートフォンなどの移動体通信技術が普及したことにより、各地に小規模な無線局が置かれるようになりました。無線局や基地局には一陸特の有資格者を置くことが必須になっています。場所を問わず幅広いシーンで活躍できる資格です。

需要が高まる一陸特資格

通信技術は発展し続けているため、転職市場でも一陸特の需要は高まっています。自動車や医療機器、産業機械などあらゆるものをインターネットにつないで管理できるようにするIoT化が様々な業種で進められている現在、通信網を整備するためのインフラ工事を行う必要があります。基地局の建設工事には一陸特の有資格者が必要となるため通信業界において有資格者は重宝されます。通信技術の発展は今後も加速していくので、将来性も抜群の資格です。

一陸特資格の取得方法

資格の取得方法は以下の3つです。国家試験に合格すること。総務省認定の団体が設ける養成課程を修了すること。無線通信科目を履修して学校を卒業すること。資格取得者の大半が、国家試験を受けて取得しています。

一陸特とは、第一級陸上特殊無線技士のことで、多種多様な無線通信に関わる資格です。主な取扱業務には、携帯電話の基地局やテレビ局の中継設備、交通機関の無線設備などでの仕事があります。

Back To Top