車を運転する仕事がしたい!タクシードライバーになる方法とは


どんな免許が必要なの?

ドライバーの仕事は、運転が好きで運転技術にも自信がある方にとっては目指したい職業の一つですよね。中でもタクシードライバーは、毎回の業務で様々なお客さんと出会い、接客を行うサービス業ですので人と接することが好きな方には向いている職業と言えます。なお、タクシードライバーになるには運転免許の取得が必須ですが、一般的な第一種運転免許だけではなく、第二種運転免許の取得が必要です。学科試験や運転技能試験、適性検査などを経て取得できるものですが、第一種運転免許を持っていてある程度の運転年数があれば問題なく取得することができます。

ちなみに、ある程度の運転年数ですが、第一種運転免許を取得して3年以上経っていることが第二種運転免許を取得する際の条件となりますので、注意が必要です。

企業が提供するサポート体制に注目!

また、大都市では地理試験の合格が必要で、主要道路や主要施設などを覚えて地理に詳しくなることが求められます。そして、各試験の合格の後は各企業による社内研修が行われ、ここで接客のマナーなどを学び、その後タクシードライバーとして働くことになります。給与は基本給と歩合給に賞与という形態を取る企業が多いですが、新人の間は上手く業務を回すのが難しいこともあります。ですので、新人の期間には給与保証が付いている求人を選ぶようにしましょう。

なお、企業によっては、第二種運転免許の取得の際にかかる費用を負担してくれるタクシー会社も存在しますので、タクシードライバーの求人を探す時は各企業にどのようなサポート体制が整っているかの確認をして応募をすることをおススメします。

ドライバーの求人は、運送会社の長距離トラックドライバーだけでなく、特定の地域を回る宅配会社のセールスドライバーやタクシードライバーまで多数あります。

Back To Top